top of page

2月11日小松高校ペット版HUGゲーム

2月11日(日)は愛媛県西条市の小松高校でペット版HUGを開催させて頂きました。

小松高校生や小松高校教員、中学生、行政職員、議員、一般の方と、さまざまな立場の方のご参加があり、私たち協会にとっても大変学びのある回でした。


行政職員の方はペット版HUGは初めてということでしたが、普段から自治会や一般市民の方へ向けてHUGを教える立場でもあるので、色々な立場の方に寄り添った広い視野の意見が多く聞かれ、時間も余るくらいでした。今後の西条市の災害時のペット対策において何か気づきになって頂ければ幸いです。

学生のグループでは、学校を良く知っているからこその意見がたくさん出て、車いすや妊産婦の方が避難をしてきたという問いについては、「スロープのある場所」や「階段は大変だろうな」などと避難者に寄り添った優しい意見もあり、迷いながらも一生懸命考えている姿が印象的でした。今回のペット版HUGでの経験がこれから一人一人に役立つことがあればいいなと思います。


この避難所運営ゲームのHUGはグループによって意見の違いがあり、さまざまな人の意見を聞くことで自身の気づきにもなります。また、一度だけではなく何回も参加することでその度、違うグループで行うので、それもまた気づきに繋がります。今後もさまざまな地域でペット版HUGを開催できればと思っていますので、お近くの方は是非ご参加下さい。











閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page